もともとの肌の色とメラニンを学ぼう

赤道付近に住む人々はなぜ肌が黒いのでしょう。肌の色はもともと人々が住んでいた土地の紫外線量と深い関わりがあると考えられています。

 

肌の色はメラニン色素の量によって決まりますが、メラニンは肌に紫外線が当たったときに作られ、紫外線の害が体の中の細胞に届かないように吸収・散乱する働きをしてくれます

 

 

紫外線が当たらなくなるとメラニンは新陳代謝により角質層からはがれ落ちて、肌の色が元にもどるのですが、一年中強い紫外線に当たる地域の人々は、ずっとメラニンに守ってもらわないといけない。したがって陽射しの少ない地域の人より肌の色が黒いというわけです。

 

もともと地黒である人は、祖先がすんでいた地域やなどの遺伝的な要素により、元からメラニン細胞の多い人なのかもしれません。

 

 

メラニン細胞が多くても肌を白く保つ方法はただひとつ、紫外線を防ぐということです。


 

肌自体に外側から働きかけて何とかしようとするよりも、紫外線をしっかり防ぐことでメラニン細胞が働かなくてもいい状態を作ってやることが美白に繋がると思います。

 

そして食べ物などでの体の中からのケアも忘れずに、しっかりと休息をとっていれば、肌を理想の状態で保つことができるのではないでしょうか。