キャリアオイルに美白効果

 

キャリアオイルと言えばアロマオイルを作るときに使うベースになるオイルのことですが、単体でも効果が期待できるそうです。

 

ひとくちにキャリアオイルといってもたくさんの種類があります。メジャーなところでいうとホホバオイルやココナッツオイル、ひまし油なんかも使いやすいですし、手軽に手に入ります。

 

 

 

オイルは肌の表面を覆うので水分がなくなっていくのを防いでくれる…要するに保湿をしてくれるんですね。どのオイルを見てみてもほとんどのものに保湿や乾燥肌向けの効果があります

 

個人的には物心がついてからずっとニキビには悩まされ、オイリー肌を気にしながら生活しているので、オイルでのケアには抵抗もあったりします。

 

けれど妊娠中の妊娠線ケアにはベビーオイルを使っていましたし、油ならではの良さもあるので、使い分けながらいろんなものを試してみたい気はします。

 

でも、そのベビーオイルを我が子が小さいときに気軽に使ったら肌が真っ赤になったことがあり、かわいそうなことをしました。

 

 

オイルだけだとは言ってもどんな人でも大丈夫というわけではなさそうですので、使用前にパッチテストはしっかりしておきたいですね。


オリーブオイルの美肌効果

オリーブオイルは美肌を保つ効果に優れていると言われ、メイク落としのクレンジングアイテム・洗顔石鹸の素材・顔のシワやたるみの予防や改善のフェイシャルケアのマッサージに利用するアイテムなど、さまざまなお肌のお手入れや美容法に活用されています。

 

ヘアケアにも効果的なのでシャンプー前に頭皮のマッサージと共に髪の汚れや余分な皮脂などを落としたり、トリートメントとして使用されたりもします。

オリーブオイルには植物性スクワランやビタミンE・ポリフェノールなどの天然成分が含まれており、肌や髪を美しく保つのに役立ちます。

 

また、血液中の悪玉コレステロールを減らすといわれるオレイン酸を豊富に含んでおり、オレイン酸には身体の老化の原因となる活性酸素を抑える優れた抗酸化作用もあることから、動脈硬化が原因となる生活習慣病を予防する働きがあるといわれています。

オリーブオイルの種類は大きく分けてバージンオリーブオイル・リファインド(精製)オリーブオイル・オリーブオイル・の3種類に分けられます。本場イタリアでは更に厳密に酸度・味・香りなどの違いによって8等級に細かく分けられています。

 

オリーブオイルのあれこれ

色々な美肌効果が期待されるオリーブオイルですが、日本に輸入され市販されているものはエクストラバージンオリーブオイル・ピュアオリーブオイル・オリーブポマースオイルの3種類で、エクストラバージンオリーブオイルが味・香りとも品質が最高級のオリーブオイルです。

 

オリーブオイルは光や熱にあたると退色したり風味が変わりますし、空気に触れると酸化しやすくなります。賞味期限を過ぎてしまったオリーブオイルでも保存状態が良ければ使用しても問題ないそうですが、開封後1ヶ月から2カ月程度が最適な目安になるようです。

 

油なのでカロリーは気にした方が良さそうですが、もちろん食べても効果があります。メニューとしては、にんにく・唐辛子・オリーブオイルといったシンプルな食材とレシピのペペロン77チーノやなどを代表とし、イタリア料理のレシピには欠かせません。ちなみにオリーブオイルのカロリーは100g当たり921kcalとされており、実際のところサラダ油等に比べて低いというわけではありません。