Rの法則で美白特集やってましたよ

 

今日テレビを見ていたら、高校生向けの教育テレビで美白特集をしていました。…そうか、日本の美白意識はすでにこんなに低年齢層化しているのか…と思いつつ、ついつい最後まで見てしまいましたが、特に面白かったのが関東と関西の色白の感覚の違いでした。

 

 

 

関東と関西ではファンデーションの売り上げでも関東より関西の方がワントーン高い色が好まれるそうで、関西人は関東人より白目の肌を美白と感じるそうです。この違いは関西は公家を中心とした白塗り文化、関東は下町文化の素肌感が根底にあるらしいです。面白いです。

 

インタビューでは「将来シミができたら嫌だから」とか「肌が白い方がきれいに見えるから」とかいう女子高生がいて、自分の学生の頃にそんな意識が欠片もなかったことを振り返りました。最近の若者はすごいです。

 

けど白い方が絶対カワイイ!って言いつつ、日があるときは年中日焼け止め+長袖+帽子+日傘+マスクって…いつどこを見てカワイイと言われたいのだろうかとかなりの疑問を抱きましたが、まあそれはそれ。ツッコミどころ満載ですが、本気の少女はカワイイのです。

 

ちなみに自分より色白の男子とつきうのは殆どの女子がNGだそうです。ガンバレ男子。