マッキントッシュフィロソフィーのコートなどを売るなら?

マッキントッシュフィロソフィー
出来るだけ高く売りたい・・・

 

おすすめの買い取り店を探しているなら!
>>服買い取りランキングをちら見する【クリック】

 

 

 

マッキントッシュフィロソフィーの買取人気アイテムとか

マッキントッシュフィロソフィーといったらやっぱりまずはレインコートでしょうか?他にもジャケットやバッグ、そしてバッグなども人気ですね。

それでも一番はマッキントッシュはレインコートの代名詞ですからね。
イギリスでは実際にそうですし。
そして実は2014年10月15日発表されたことですが、2015年6月にマッキントッシュロンドンというブランドを三陽商会が販売することになります。
三陽商会はバーバリーとの契約が切れてしまい、バーバリーブラックレーベル、バーバリーブルーレーベルなどのブランドは残るものの、どのブランドもバーバリーが取れてしまうことになってしまいます。
そして今度はそのバーバリーの後継としてマッキントッシュとの契約がなされることになりました。
マッキントッシュロンドンの値段は12万円程度となるそうです。

 

マッキントッシュフィロソフィーは同じくイギリスを始め世界中で受け入れられているアウターブランドマッキントッシュの日本発売セカンドブランドです。

こちらも三陽商会とのライセンス契約を行い日本を中心にマッキントッシュフィロソフィーというブランドを発売しています。
マッキントッシュフィロソフィーのターゲット層は30歳〜40歳程度と言われていますが、そのクラシックで品のある世界観が閉じ込められたこのブランドのコートやレインコートは中心となるターゲット層の外の年代にも人気でバリバリと働く20代のビジネスマンにも受け入れらている。
マッキントッシュフィロソフィーが日本にセカンドブランドとして発売開始されたのは2007年。
この同じ年にマッキントッシュフィロソフィーで今までとは少し違う、日常的にも使用できそうなトラディショナルウェザーウェアというカジュアル路線のファッションアイテムも売りに出されている。
さらにレインコートだけでなくダウンウェアのカジュアルラインとしてストームシールが発表される。
このブランドは非常にシンプルでベーシックなデザインとなっていますが、やはりそこはイギリステイストでミリタリー感も入れつつ、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも組み合わせ次第で着ることが可能です。
特に最近人気なのはストームシールのダウンピーコート、そしてダウンダッフルコート。
このダッフルコートが特に服買い取りでは圧倒的に需要があるんですね。
このラインでは100%ウールではなくて敢えて10%ナイロンを混ぜている。
これは生地の耐久性をあげ型崩れしないようにするための措置となっている。
100%ウールじゃないと高級品じゃない!なんて言っている人をたまに見かけますが、それは根も葉もないこと何ですね。