ウールコート買取で売るならどこがいい?

ウールコートを買取してほしい!売りたい!
おすすめの服買い取り店はどこがいいんだろう?な人↓↓

 

>>服買い取りランキングを確認する【クリック】

 

 

 

ウールコートの買取で人気ブランド色々

レディースのウールコートで人気が高いのはイギリスのマッキントッシュ

MACKINTOSH(マッキントッシュ)はイギリスではレインコートの意味を持つ。

もちろんレインコートは英語でもRaincoatという言葉で通じますが、イギリスではマッキントッシュという言葉を使うほうが通じるようになっている。
レインコートは、織物の裏生地としてゴムをひいたものが主流となっていました。
そして今なおこのゴム引きコートというのは人気のラインとなっています。
ウールコートのようなレインコート以外の販売もかなりのシェアを持っている。
イギリスのブランドですが、日本でもコートのブランドといえば、マックスマーラと同じくらいにマッキントッシュと答える人は少なくないでしょう。
マッキントッシュフィロソフィーやDUNOON、FETLAR、WAVERLY、そしてDALKEITHなどのラインが存在しています。
WAVERLYというのはマッキントッシュ全体から見ても安いラインで、キルティング使用のコートとなっている。

 

大人のウールコートとして日本でも知られているイタリアブランド ヘルノ(HERNO)

ウールコート、ダウンコートとして日本で多くの大人の女性から一目を置かれているのが、ヘルノというイタリアのアウターブランド。

ウールコートはもちろんですが、カシミヤコート、ビキューナと言った高級素材を使用したアウターはエレガンスさを演出してくれる。
メンズでも須天カラーコートや軽量化が果たされているダウンベスト、他にも、ミリタリーデザインのライトダウンジャケットはカジュアルな場面から、ドレスコードのある場所までさまざまな場面で活躍できるとして人気が高い。
服買い取りが高いのは、価格は10万円を超えるものがほとんどで、ウールコートの場合には20万円前後というのが大半となっている。

 

フランス発祥のダウンジャケットメーカー モンクレール

ヨーロッパの多くの上級階級に愛用されてきている最高級ブランドの一つ。

有名なのは、ナイロンジャケットではないだろうか。
レディースのモンクレールのラインとして、セール、エルミンヌ、ジェルボワーズ、フラゴン、カメリン、シャンプと言ったセカンドブランドも注目されるようになっている。
モンクレールのジャケットは、キッズ、ベイビー部門でも日本ではネクストを抑えて断トツの人気をはくしている。