安全な顔の産毛処理の方法

肌は光を反射することで白く見えます。産毛は光を吸収して反射を妨げるので、肌が暗く見えてしまいます。産毛処理をすれば、明るい肌に近づきます。

 

顔の皮膚は他の部位に比べるとデリケートです。

シェービングを頻繁に行うと、角質層がダメージを受けて乾燥やニキビなどのトラブルにつながります。産毛処理は3週間に1回程度にしましょう。日焼け後や生理中も肌が敏感になって傷つきやすいので避けます。

 

剃るときにはクリームでしっかり肌を保護します。保護せずに脱毛すると、角質が大きくはがされてバリア機能が低下します。

 

バリア機能には紫外線などの外部刺激から肌を守る、水分蒸発を防ぐ役割があります。バリア機能が低下すると、紫外線の影響を強く受けてシミが増えたり、水分が蒸発して乾燥します。

 

カミソリは新しくて清潔で切れがよいものを使います。雑菌が繁殖したりさびているカミソリは、カミソリ負けの原因になります。切れが悪いと何度も同じところを往復して肌の負担が増えます。一度できれいに剃れるカミソリを使ってください。

 

脱毛後は肌がダメージを受けて乾燥しやすくなっているので、化粧水で整えてクリームで保護しましょう。2〜3日は刺激が強い日焼け止めや化粧品の使用を控えることをおすすめします