ダニにかまれるとどんな症状が起きるの?

シーズンが切り替わって新しい服を着たときに

 

なんだかかゆい気がする。。。

 

そして見てみると皮膚が虫にかまれた跡が。。。

 

何てことはよくありますよね。

 

ダニは実は服の虫食い穴の原因ではないんですが、

 

このように人間に直接攻撃してくるんですね。

 

 

 

そういう時は大抵ダニなんですが

 

ダニの場合はどのような症状が起こるのでしょうか?

 

 

 

一般的に言われているのは、、、

 

ダニにかまれた場合、近くに2か所噛まれた跡が出来る

 

というようなことが言われています。

 

これはあながちウソではなくて、

 

ダニは1度に噛んだすぐ近くに再び噛み跡を残します。

 

あながちウソではないと表現したのは

 

実はこれは絶対に2か所!と言うのが

 

誤っているからなんですね。

 

 

ダニは2か所ではなく、3か所4か所と

 

1度目に噛んだ場所の近くを噛んでいきます。

 

しかしこれはなわばりを表しているとか

 

そういう生物学的な難しい何かがある

 

と言うわけでは決してありません。

 

 

ダニは噛んで人の血を

 

吸おうとしているわけなんですが、

 

これを蚊に置き換えてみましょう。

 

1匹の蚊は一度人の血を吸っても、

 

飛んでからまた別のところに降り立って

 

また血を吸って、また降り立って吸って・・・

 

と言うのを繰り返して何か所も刺しますよね。

 

ダニも同じで

 

1度目に吸った場所から、とことこと歩いて

 

別の場所に移動して再び吸って

 

また別の場所に移動して吸って

 

またまた別の場所に・・・

 

と言うようにひたすら繰り返しているだけです。

 

 

そうですね、

 

ただ、徒歩か飛んでいるかの違いなんですね。

 

人の目からしたら本当に近くかもしれませんけど

 

ダニとしては結構歩いていたりするわけです。

 

 

知ってしまうと、まあそりゃそうか・・・

 

と言う感じですよね^^;

 

確かになんだか非常に拍子抜けしてしまうほど

 

普通の理由だったという感じです。

 

 

 

この場合、何か体に異常が起こるの?

 

なんていう心配をされる人もいるかもしれませんが、

 

大丈夫ですので、あまり心配なさらなくていいでしょう。

 

ただ、過剰すぎる場合にはアレルギーを起こしていることも考えられますからね。

 

 

そして50℃以上と言うのが定説ですが

 

出来れば55℃以上のお湯などに

 

10分つけるなどをしなければなりません。

 

その後に一度洗濯しましょう。

 

そのあとに乾燥機にかけるというのも一つの方法です。

 

ダニと言うのはなかなか死ににくいものですが、

 

しっかり熱処理すればちゃんと死んでくれますので、

 

心配なさらず一つ一つやって行ってみてください。

 

 

ダニ用のバルサンを炊いてしまうというのも

 

面倒臭いという人には結構いいかもしれませんね。